eigomook_eyecatch_ukbooks

映画・洋書

【洋書多読】Kindleイギリス小説おすすめ21選※映画化作品限定

【ネイティブキャンプ】
管理人愛用オンライン英会話
>詳細はこちら<
新規登録5,000円コインGET

初心者でも読みやすいイギリス英語が学べる洋書を紹介します。
全てKindle対象、映画公開済みの洋書のみ厳選。
初心者さんでも気軽に英語で読書を楽しめます。

Category#01 児童小説

for Beginners

#01 Winnie the Pooh

『くまのプーさん』A・A・ミルン 著/ 1926年

はじめての洋書に穏やかでやさしい短編集。

ディズニー映画でおなじみのはちみつ大好きプーさんの原作。クリストファーロビンと森の仲間たちが繰り広げる穏やかな10エピソードを収録。Winni the Poohの名前の由来が英語でわかっちゃうかも。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

10エピソードそれぞれ独立した展開になっているので、少しずつ読み進めるのにぴったり。登場人物はプーさん、ピグレット、イーヨーetcとおなじみのキャラたちなので、混乱しないのがGoodです。

#02 A Bear Called Paddington

『くまのパディントン』マイケル・ボンド 著/ 1958年

ロンドン観光スポット続出!おうちでトラベル

つづいてくまの物語2作目。暗黒の地ペルーからひとり移民してきたパディントンの破天荒物語。作者がX'masテディベアを奥様へプレゼントしたのがきっかけ。ロンドンの観光地スポットがたくさん出てくるので英国好きならぜひ。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

英国ではくまが人気。老舗デパートハロッズもプーもパディントンも。小説はざっくりロンドンの地域情報を把握してから読むのがおすすめ。映画verが役立ちますよ〜。

#03 Tale of Peter Rabbit

『ピーターラビットのおはなし』ビアトリクス・ポター 著/ 1902年

いたずらうさぎのドタバタ攻防劇

いたずら好きのうさぎが畑で野菜を盗んだことから始まる攻防劇。誕生100年を超えて読み継がれる人気の児童小説です。プーさんと比較してストーリーが長く難しさがあるためステップアップ編としておすすめです。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

やさしいイラストでだまされてました。絵のイメージと内容ギャップあるかもな小説。2018年ハリウッド映画として実写化、2021年続編公開(9/1動画配信スタート)ですが、原作の世界観よりもさらにアグレッシブな展開となってます。

#04 Alice's Adventures in Wonderland

『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル 著/ 1865年

へんてこりんだけど独特な世界へついつい没頭

白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込むアリスの物語。実は聖書やシェイクスピアに次ぐほど多数の言語翻訳されている世界ヒット作。言葉遊びが含まれているのが原文ならではの醍醐味。挿絵はダリ。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

アリスは夢の中の物語...って設定にて、場面がくるくる変わります。洋書に読み慣れてからの方が、楽しみやすいかもですよ。もっと気軽に楽しみたい方は、ゴージャスな仕掛け絵本も合わせてチェックしてみるといいですよ。

#05 Charlie and the Chocolate Factory

『チョコレート工場の秘密』ロアルド・ダール 著/ 1964年

洋書好きなら必ず手に取る一冊

外界から隔離された巨大なチョコレート工場。見学に招待された少年チャーリーが目にしたのは奇想天外な光景だったー。教訓を込めたブラックユーモアがこの作品の持ち味です。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

比較的平易な英語で奇想天外な世界観に反して読みやすいと評判です。イギリスの子供はダールを読んで育つそうな。

#06 Mary Poppins

メリーポピンズ』P・L・トラヴァース 著/ 1934年

厳しめメリーさんとほんのり悲しい結末

ロンドンに住む夫妻が子供の世話役を募集。するとひとりの女性が傘をさしてふわりと風に乗ってやってきたー。彼女こそメリーポピンズ。ちょびっと高慢ちきな主人公が小説ならでは。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

メリーポピンズって"美人で優しいお姉さま"と思い込んで読みはじめたら「あれれ?」と混乱、離脱。本来のメリーポピンズ像や文化背景など下調べをしてから読んでもいいかもです。

Category02 #長編ファンタジー小説

for Intermediate

#07 Harry Potter

ハリーポッターJ・K・ローリング 著/ 1997年

1冊77,000語の世界ヒット超大作小説

説明不要のベストセラー。分厚い本の中には約7.7万語がぎゅっと詰まってますので、1冊読了できれば成長実感できるほど。少々難しいのでさらなる英語力UPを目指す中級以上の方におすすめです。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

シリーズ1冊目「賢者の石」以外は、Kindle読み放題対象です。高度な単語・マジカルな造語・多数の登場人物。わたしは華麗に玉砕しました。映画を観てあらすじを把握しつつの挑戦がおすすめです。>レビュー記事

#08 The Lord of the Rings

『指輪物語』J・R・R・トールキン 著/ 1954年

3部作全て1億部以上のベストセラー!20世紀最もポピュラーな小説

ホビットの大冒険でおなじみのファンタジー。3部作全てが1億部以上売れ、さらにゲームや美術作品にまで影響を及ぼす威力絶大すぎる小説。多読素材としては難易度高し。言語学者作の玄人向け作品。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

「冗長で心が折れる」「3回読んでやっと理解できた」「日本語翻訳よりはマシ」など、疲労困憊が予想される小説です...笑 楽しく読むコツは"ホビットの冒険を先に読む&1冊目は飛ばす"だそうです。

#09 The Chronicles of Narnia Series

ナルニア国物語』C・S・ルイス 著/ 1950年

ぐいぐい読める!全7作児童向けファンタジー

イギリスの子供達が架空の世界ナルニアを冒険する物語。指輪物語作者トールキンには酷評されたものの世界ヒット。全7作あるので、気に入れば続けて読めるのがGoodです。

> Kindleで読む 読み放題対象
> disney+で観る

先述2冊と比べて、かなり読みやすくて好評な口コミが多いナルニア物語。洋書多読ビギナーのわたしもチャレンジしてみました。結論おすすめ。はじめてさくっと読み切れた作品です。この感動を味わいたい方はレビュー記事をどうぞ。TOEIC600レベル。

#10 A Song of Ice and Fire

『氷と炎の歌』ジョージ・R・R・マーティン 著/ 1997年

世界を熱狂に巻き込んだ海外ドラマ「Game of Thrones」原作

架空の大陸ウェスタロスを中心に七王国が鉄の玉座を争いまくる大人向けファンタジー。渦巻く陰謀と策略と裏切り。登場人物が多いので映画で予習がおすすめ。

> Kindleで読む
> 映画で観る

わたしはドラマ版が大好きすぎリピ鑑賞しまくってるほどのファン。しかし、洋書版は約30万語と読み終えられないレベルの長編作...映画も小説も登場人物ごとのプロットで分かれているので、好きなシーンだけつまみ読みがおすすめ。

Category03 #イギリス文豪小説

by Literal master

#11 Macbeth

『マクベス』ウィリアム・シェイクスピア 著/ 1623年

世界で最も有名な英国16世紀の小説家

イギリス文学でどれかひとつだけ選ぶならシェイクスピア作品でしょう。この世で知らぬ人はいないであろう「ロミオ&ジュリエット」他、戯曲作品多数です。

> Kindleで読む
> PrimeVideoで観る

有名すぎるシェイクスピア戯曲なので、映画に限らず舞台やオペラもたくさん見つかります。小説と合わせて楽しんでみてください。

#12 The Life and Strange Surprising Adventures
of Robinson Crusoe

ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険ダニエル・デフォー 著/ 1719年

実在の航海長をモデルにした?往年の名作漂流記

なぜかわくわくしてしまうサバイバルな漂流記。実在のスコットランド航海長や当時の出回っていた航海誌をモデルにしたそう。ひとり漂流したロビンソン中心なので洋書初心者でも読みやすい作品です。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

イギリスと航海は切っても切れない関係性。ロマンとリアルをうかがい知ることができる一方、大人になって読むと冒険小説とは違った一面が。

#13 Gulliver's Travels

ガリヴァー旅行記』ジョナサン・スウィフト 著/ 1726年

アイルランド風刺作家が描くイギリス社会への痛烈な批判

ロビンソンクルーソーに続いてヒットしたガリヴァー旅行記。実はただの巨人と小人の逆転物語ではなく、貧困に喘いでいたアイルランド作家が当時のイギリス社会を痛烈に批判した風刺作品というのがポイント。大人が読むべき作品のひとつと言えるでしょう。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

自分がなぜか巨人で小人に捕らえられるのがガリヴァー旅行記ですが...実は4エピソード。2編では全てが巨大な国へ、3編は日本へ、4編はカースト制のフウイヌムへ。ご存知でしたでしょうか。

#14 Pride and Prejudice

プライドと偏見』Jane Austen 著/ 1813年

18世紀、イギリス女性の全ては玉の輿結婚だったー。

当時のイギリスは女性は自立することなくいかに良い結婚=玉の輿に乗れるか、が人生のテーマだった。内容はともかく、わたしたちが聞きなれない上流貴族のイギリス英語の言い回しを知るにはもってこいです。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

小説未トライですが映画を見ました。いくつかverがありますが、おすすめはコリンファース出演版。キーラナイトレイ映画版は下町肝っ玉娘みたいな印象で少しイメージとギャップあるかも?

#15 Oliver Twist

オリバーツイスト』チャールズ・ディケンズ 著/ 1837年

イギリス文豪ディケンズの出世作

孤児オリバーが困難にめげずに成長していく様を描いた小説。19世紀イギリス社会で善悪を決めるのは貧富or身分。物語を楽しむというよりも歴史を知る意味で手に取ってみても良いでしょう。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

ちょっと心が苦しくなる作品。ディケンズは「大いなる遺産」「クリスマスキャロル」など他にも多数作品あり。どれかひとつ好みから選んでのチャレンジでもいいと思います。

#16 The Adventures of Sherlock Holmes

シャーロック・ホームズの冒険』アーサー・コナン・ドイル 著/ 1892年

超有名探偵小説入門編!わくわく読みやすい短編集

おなじみコナンドイルの推理小説。洋書に挑戦するならまずはこちらのタイトルを。人気の12エピソードから気軽に楽しめます。ホームズシリーズは、初心者向けのシリーズOxford/ラダー/Penguin出版からも見つけやすいですよ。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

ミステリー系は映画であらすじ確認もいいですが、本当は自力ではらはらドキドキ楽しみたいですね。続きが気になるようになるレベルまでがんばりましょう〜。

#17 The Time Machine

タイムマシン』H.G.ウェルズ 著/ 1895年

SF小説金字塔!2回にわたり映画化の名作

誰もが共通概念と知っている"タイムマシン"。時間旅行を扱った小説の初期作品として、SF好きなら一度はチャレンジしたい小説。19世紀末作品とは思えないとのレビュー多数。

> Kindleで読む 読み放題対象
> Prime Videoで観る

SF小説系はなかなか英語では理解が難しそうなのでまだ手をつけてない領域です。19世紀後半から推理モノ、SF、ディストピア小説など複雑巧妙でバラエティに富んだ作品が増えてくるのが特徴です。

#18 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS

オリエント急行殺人事件』アガサ・クリスティ 著/ 1934年

ミステリーの女王!アガサ・クリスティの代表作

世界的ベストセラーを多数輩出した女性作家作品。なんと彼女の作品は全世界で10億部以上発行されており、聖書・シェイクスピアの次に読まれているんだとか...!推理小説にチャレンジしたい人は必ず通りたい名作です。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

アガサ・クリスティ作品は読みモノとしてすごくおもしろくって、ついつい先が気になってしまう作品です。わたしの英語レベルではやっぱりちょっと難しかった...。語彙制限本(Graded Readers)からスタートもおすすめです。

#19 Howards End

ハワーズ・エンド』E.M.フォースター 著/ 1910年

アカデミー賞9部門ノミネート!名作映画の原作

ハワーズ・エンドは映画で見た方も多いのではないでしょうか。イギリス郊外の邸宅で繰り広げられる運命的な人間模様を描いた作品です。英国階級差をテーマにした恋愛にどっぷり浸かりたい方はぜひどうぞ。

> Kindleで読む
> Prime Videoで観る

イギリスの恋愛モノは、基本が階級差越えの濃密な恋が大定番です。階級社会は良くも悪くもイギリスの基盤となっているので、意識して読んでみるといいかも。

#20 Nineteen Eighty-Four(1984)

1984』ジョージ・オーウェル 著/ 1949年

ディストピア小説金字塔!読むべき本と名高い1冊

近未来世界の恐怖を描いたぞわぞわ感がたまらない。想像できてしまう未来の監視社会を描いたリアルさ。自分の考え方がちょっと変わってしまうくらいの衝撃があります。20世紀の読むべき1冊として多方面で挙げられる傑作。

> Kindleで読む
> TSUTAYAで観る

一応映画はありますが、古い作品となります。個人的には小説版のほうがおすすめ。日本語小説と合わせてじっくりお楽しみください。

#21 The Remains of the Day

日の名残り』カズオ・イシグロ 著/ 1989年

ブッカー賞受賞作品!余韻が尾を引くじんわり系名著

世界大戦の狭間に生きるひとりの男の人生を描いた作品。平凡で融通の効かない古風な執事。美徳、恋愛、人生観、、、生き様にじんわりした感動が残る作品です。言葉を味わいながらゆったり読みたい1冊。

> Kindleで読む
> PrimeVideoで観る

カズオ・イシグロさん作品は味わい深い筆運びが特徴です。英語多読というよりは日本語と合わせて焦らずに読むのがおすすめ。個人的には「夜想曲集」という短編からはじめるのがおすすめです。

以上となります。わたしもまだまだ勉強中で読めてない作品がたくさん。映画や日本語小説でザッピングして、ゆっくりじっくり読みたい作品を見つけていってくださいね。

ゆりあろん
  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。現在洋書多読に挑戦中。英語たのしい!趣味は餃子作りです。 ・英語絵本専門「BookPochi

-映画・洋書
-,