eigomook_eyecatch_ brtishenglish

オンライン英会話

イギリス英語の特徴【発音・訛り・階級&アメリカ英語との違い】

【ネイティブキャンプ】
管理人愛用オンライン英会話
>詳細はこちら<
新規登録5,000円コインGET

みなさん、ぱっと英語を聞いた時に「あっこれはアメリカ英語だ。こっちはイギリス英語。」と判断つきますか?わたしが英語を勉強しはじめた時には"英語は英語"という感じで、いまいち違いが掴めずにいました。

けれども英語のリスニングができるようになってきてから、かなり違いがわかるようになりまして。映画を見ていて「あ〜この人はイギリス人だからジェントル風味の演出なんだ。」と思うようになったり、新たな楽しみも増えました。

イギリス英語を学ぶために必要な知識やとっかかりやすい勉強素材などをまとめました。ぜひみなさんの学習にお役立てください。

イギリス英語とアメリカ英語の違い

eyecatch_UK

まずはいちばん気になるアメリカ英語とイギリス英語の違いから解説していきます。

わかりやすい違いは3つ。「発音、単語、スペル」です。

違い①発音

リスニングに慣れてくると、まず違いに気づくのが「発音」です。もっと言えばアクセントやイントネーションという感じ。

全部がつながったような中間音ばかりのアメリカ英語とは違い、イギリス英語は比較的全ての音をアルファベット通りはっきり発音する傾向があります。

  • 【Rの音】舌を巻きません。
    例)Air → 米:エア | 英:エー
  • 【Tの音】Tをはっきり発音する
    例)Water → 米:ワダァ | 英:ウォーター
  • 【Aの音】アとエの中間音はない。
    例)Tomato → 米:トゥメイトゥ | 英:トマート
  • 【Oの音】オゥ・アではなくオー。
    例)Body → 米:バディ | 英:ボディ

tomatoとかイギリス英語のほうが俄然日本語に近いですよね。なので、意外にも日本人にとってはイギリス英語より聞き取りやすいという特徴があります。

わたしは少し英会話ができるようになってきた頃、先生に「あら!あなたはイギリスアクセントなのね!」って言われましたよ※発音が下手くそなだけ※

もし「リスニングがどう〜してもできない!」と悩んでいるなら、いったんイギリス英語から慣れてみるのもひとつの方法です。

違い②単語

よく使われる単語にも違いがあります。

  • 「あら素敵!」
    → 米:Awsome!
    → 英:Lovely!
  • 「彼が好きなの。」
    → 米:I love him!
    → 英:I fancy him!
  • 「つまんない映画だった。」
    → 米:It was terrible.
    → 英:It was rubbish.

上記の3つはイギリス英語で日常的に特によく出てくる気がします。アメリカ英語ではほとんど出会わない表現ではないでしょうか。lovelyとかfancyってちょっとフェミニンな響きがありますが、男性でも普通に使います。

あとは有名どころでいうと「フライドポテト→米Frenchi fries / 英Chips」ですね。イギリスのフィッシュ&チップスはお魚とフライドポテトの意味です。ポテトチップスじゃありません。

違い③スペル

文章を読むときに感じる違いがスペリングです。


  • 米 color|英colour 
  • 旅行
    米 traveling|英travelling
  • センター
    米 center|英centre
  • 免許
    米 license|英 licence
  • カタログ
    米 catalog|英catalogue

これはもう慣れる・覚えるしかありませんが、知っていればそこまで混乱することなく読める違いじゃないでしょうか。イギリス留学したりお仕事で使う方は気をかけておくとよさそうです。

ということで、アメリカ英語とイギリス英語の大きな違いは以上3つです。

ほかにも細かな違いはたくさん出てきますが、その国で生活するならマスターすればOKでしょう。基本知識として「違いがある」ということがわかっていれば、英語学習に支障をきたすことはありません。

イギリス英語と階級の関係

UK_england_queen

ではイギリス英語単体について、もう少し詳しく見ていきましょう。イギリス英語だからこその特徴は「階級ごとに話し方に違いがある」という点です。

標準語:クイーンズイングリッシュ

わたしたちが一般的に耳にする機会のあるイギリス英語は「クイーンズイングリッシュ」と呼ばれる標準語です。ニュースや映画で話される英語です。

クイーンズイングリッシュは元々上流階級で話されていた英語。世界どこでも通用するキレイな言葉使いなので癖は強くありません。英会話教室などで学ぶイギリス英語もこちらです。

なので、英語の勉強をはじめたてだと違いに気づかないくらいかもしれません。他に「RP/容認発音」と呼ばれることもあります。

労働者階級:コックニー

上流階級のクイーンズイングリッシュに対して、労働者階級が使う「コックニー」というイギリス英語があります。ロンドン下町発音とも言われます。

こちらはかなり訛りが強いので、英語の勉強をはじめたばかりの方でも違いに気づけると思います。違いはわかるけど、訛りが強すぎて聞き取るのはキビしめです。

アメリカ英語と一緒で、かなり脱落する音が多いのが特徴です。

もし日本でコックニーを聞ける機会を探すなら、テレビのスポーツ中継の選手インタビューあたりでしょうか。あとはイギリス民間人のYoutubeですね。

その他:エスチュアリー

さらにもうひとつ、クイーンズイングリッシュとコックニーの間をとったような「エスチュアリー」があります。

イギリス階級社会の変化にともなって、近年増えていると言われていますが、頭の片隅に置いておけばOKでしょう。勉強するなら基本のクイーンズイングリッシュからで大丈夫です。

言葉使いから英国社会を知る

イギリスは長らく階級社会の歴史が続いてきた背景があるので、この「階級ごとの言葉の違い」自体が英語やドラマの題材にされることも珍しくありません。というか、かなり多いです。

その代表的な作品がヘプバーンの「マイフェアレディ」↓

コックニーやエスチュアリーを時間をかけてマスターする必要はありませんが、教養として知っておくのはおすすめ。楽しみ方の幅が広がります。

イギリス英語の学び方

というわけで、この先はイギリス英語を学ぶ方法をまとめました。学習にお役立てください。

イギリス映画おすすめTOP5

とにもかくにも楽しく勉強しましょう。おすすめはやっぱり映画です。

マイフェアレディ

イギリス英語の言葉使いや社会背景を知るなら、この映画なくしては語れません。下町娘がジェントルマンに拾われて、言葉を矯正しながら上流階級へ駆け上がっていくシンデレラストーリー。オードリー・ヘプバーンの代表作。

>作品を見る

ハリーポッター

知らぬ人はいないであろう大ヒット作。実は発音の違いを知るのにうってつけなんです。マグルの子のロンはコックニー、おしゃまなハーマイオニーはクイーンズ。キャラごとに発音の違いに馴染めます。

>作品を見る

ゲームオブスローンズ

わたしが人生ではじめて沼にハマった超大作HBOドラマ。イギリス俳優さんずらりです。正直英語レベルは高いですが、印象的な決め台詞も多いので耳に残ります。本当におもしろすぎて眠れなくなるのでぜひ。100%、耳慣れます。

>作品を見る

イギリス英語アンテナが立つと、かなりイギリス映画が身の回りに溢れてることに気づきます。歴史も学べるイギリス映画を別の記事でまとめたので合わせてチェックしてみてください。

イギリスの歴史を映画で学ぼう!
前編:【アーサー王〜18世紀奴隷貿易まで】
後編:【19世紀ヴィクトリア女王〜ブレグジットまで】

イギリス小説おすすめTOP3

文字で読むとどのへんが違ってるのか目に見てわかりやすいです。例えばこういう感じ↓

「ペンを持ってます。」
→ 米 I have a pen.
英 I've got a pen.
※慣用表現、単純に言い回しの違いです。

耳だけで聞いていると「え?なに?got?現在完了?」みたいに混乱しますが、目で見ると落ち着いて理解できます。

少し堅苦しい感じはするので、児童小説あたりから無理なく読み進めていくのがおすすめの勉強法です。

チョコレート工場の秘密

「チャーリーとチョコレート工房」原作の子供向け小説。イギリスでは抜群の人気を誇るロアルドダール作品のひとつ。柔らかな挿絵も素敵なので、最初の1冊におすすめです。

ナルニア物語

おなじみ児童ファンタジー。超有名「ロードオブザリング」などはじめ英国ファンタジーは難解なものが多い中、これは初心者でも読めます。登場人物が限られていて、ストーリーもわかりやすいのでおすすめです。

ハリーポッター

映画でも紹介しましたが、小説でこそ読んでほしいのがハリーポッター。「こんなにも英語の表現力は豊かなのか。」と感じさせられる良作です。正直簡単とは言えませんが、キャラ立ちしてるので映画を観てからならするりと世界観に浸れます。

イギリス小説も別の記事でまとめてます。合わせてご覧ください。
【洋書多読】Kindleイギリス小説おすすめ21選※映画化作品限定

イギリス講師と話せるオンライン英会話

実際にお話しながら学習をしたい方はオンライン英会話でどうぞ。オンライン英会話は基本フィリピン講師が中心なので、イギリスネイティブと話せるスクールは下記の3択になります。

NativeCamp

業界唯一「ネイティブ講師のレッスン受け放題」を実施してます。コスパで選ぶならネイティブキャンプで決まりです。単発受講も可能

DMM英会話

ネイティブ講師と毎日話せる予約制の英会話。ネイティブキャンプとの違いはイギリス講師+日本人講師含む全132カ国の講師と話せることです。

Cambly

中級以上におすすめ。イギリス先生がたくさんいるネイティブ専門の英会話。基礎英会話ができるようになって、自然な表現力を磨いていきたいならこちらです。※教え方が比較的カジュアル(=授業的な感じではない方が多い)

簡単比較表

項目料金時間特徴
ネイティブキャンプ
※初心者向け
16,280円24時間・定額受け放題
・今すぐレッスン可
DMM英会話
※初心者向け
15,800円24時間・毎日1回予約制
・日本人講師も可
Cambly
※中級者向け
28,990円24時間・回数(時間)制
・今すぐレッスン可
※毎日プラン(月30回/25分前後)想定での料金です

どのスクールもイギリス出身講師はたくさん在籍してます。アメリカ講師より探しやすい体感。

料金的にはCamblyが突出していいお値段ですが、定期的に半額orそれに近い金額でセールしてるので、ほぼ同じくらいの価格感で受講できます。

ただ、圧倒的にコスパや条件がいいのはネイティブキャンプですね。単発でネイティブレッスンが受けれるので、まずは基本料金で加入してみて追加料金でお試しレッスンしてみるのがおすすめです。

ちなみにわたしがイギリス英語に興味を持ったのは、ネイティブキャンプの特別レッスン「カランメソッド」がきっかけです。英国発祥メソッドで、テキストや学習用音声は全てイギリス英語。

基本料金+都度予約料金で受けられるので、その方法もありです。興味があれば、無料体験時に受けられるカウンセリングで相談してみてください。

イギリス英語まとめ

イギリス英語の特徴。この記事でひと通り掴んでいただけましたでしょうか。

英語を学ぶことはもちろんながら、イギリスは覇者として世界を牛耳ってきた長くて濃すぎる歴史が最大の特徴です。社会的背景にも興味を持ちながら学習を進めていくのが、イギリス英語を学ぶ上でいちばん大切なんじゃないかな思います。

わたしもイギリス英語に触れたおかげで、たくさんの英国映画を観て、基礎教養が身につきました。あまりにも学ぶことが多すぎるので、興味の持てるところからでOKだと思います。日々、新しい英語と世界に触れていきましょう。

  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。現在洋書多読に挑戦中。英語たのしい!趣味は餃子作りです。 ・英語絵本専門「BookPochi

-オンライン英会話
-,