ネイティブの発音ルール_eigomook

発音

ネイティブの発音ルール「リエゾン/音声変化」習得のコツ【難易度高】

【2023新春期間限定】
オンライン英会話SALE情報まとめ
>詳細はこちら<
最大49,500円OFF

「がんばってネイティブ発音の真似をしているけど、日本人発音から抜けられない。」というときに見直したい発音ルールをまとめました。

英語は音がつながって発音されるというのはすでに知ってますよね。でも「自分でやってみてもなんか違う」というときに確認してみてください。

わたしもさんざん発音に悩まされてきましたが、やっと少しずつ改善してきました。そのときに気づいた効果的な練習方法を合わせて紹介します。

ネイティブの発音ルール「リエゾン(音声変化)」とは?

発音練習

リエゾンとは、2つの音がつながって発音が変化することです。

音声変化の規則は5種類

  • 連結 (Linking) : 単語同士が連結した発音
    例:thank you サンキュー
  • 同化 (Assimilation):隣り合う音が連結して変化する発音
    例:Did you ディジュ
  • 脱落 (Reduction):あるべき音が発音されない発音
    例:next station ネクステイション
  • はじき音 (Flapping):T や/D が「ら行」のように変化する発音
    例:better ベラァ
  • 短縮 (Contraction):単語が弱く短くなる発音
    例:I'm アィム

英語がなんだかむにゃむにゃ聞こえる理由です。日本語で「洗濯機→せんたっき」と呼ぶのと同じ。特に日常会話ではこれらが多用されますね。

「読めるけど聞き取れない」という原因はこのリエゾンです。英語は文字と音声に大きなギャップがある言語なので、すでに知識があってもそれなりに学習量が必要になってきます。

リエゾンを習得する5つのメリット

ただ、がんばって習得すると、ぐっとネイティブ発音に近づくことができるワザでもあります。

  • ネイティブっぽく話せる
    日本人から聞くとかなりネイティブっぽい英語が話せるようになります。
  • 伝わりやすくなる
    ブツ切れで理解してもらえなかった英語が伝わりやすくなります。
  • 発音しやすくなる
    口が回りやすくなり話しやすくなります。
  • リズムに乗りやすくなる
    英語特有の抑揚のあるリズミカルな話し方に近づきます。
  • リスニングがしやすくなる
    かなり英語が聞き取りやすくなります。圧倒的なメリット。

リエゾンを習得すると「ネイティブ特有のリズムや抑揚をつけやすくなる」。だから、結果的に発音全体のスコアが向上する、というメリットがあります。

練習が必要なので少し時間がかかりますが、同時にリスニング力も大幅にアップします。こつこつ練習していきましょう。

リエゾンの発音練習【3ステップ】

それでは、具体的なリエゾンの練習方法を見ていきましょう。

リエゾンを自己流で発音しても英語っぽくならなかったわたしが、よりネイティブに近づけた感覚を持てた練習方法です。

練習ステップ1:個々の音の発音練習をする

ここが超重要です。日本語発音のままリエゾンだけを取り入れても怪しいです。それっぽくはなりますが日本人感は拭えません。

最初に必ず必ず、個々の文字の発音練習をします。

基礎練① フォニックス
基礎練② 発音アプリ:ELSA Speak

全部大事ですが、特にリエゾン練習につながりやすい発音練習は下記。

  • 子音 Consonant/Voiceless sound
  • 連続子音 Consonant Clusters
  • 曖昧母音 [ə] Schwa sounds

英語にはそもそも声に出さない音がたくさんあります。「静かに!シーッ…」とか「深呼吸スゥーハァーッ」の音。日本語と大きく違う点がここです。

こういった言いづらい&聞こえづらい音があることをしっかり認識しておくと、音声変化する音も掴みやすくなります。

練習ステップ2:ディクテーションする

次にディクテーション(書き取り)をします。

リエゾンの知識があっても聞き取りできない部分はわんさかあります。音声を何回聞いてもわからないのは、たいていリエゾン。知らなければ100%聞き取れない部分になります。

最後に字幕を確認。その部分だけをそっくり言えるように練習していきます。

おすすめ教材:ディズニー作品

ディズニー作品は砕けすぎたリエゾンはなく、ネイティブ全員が使うような基本のリエゾンが散りばめられています。全作品見放題のDisney Plusほか、YouTubeでも無料のディズニー関連動画がたくさん見つかります。

練習ステップ3:オーバーラッピングする

リエゾンに慣れてきたら、最後に全体を通してオーバーラッピングします。使うのはさきほどディクテーションした文章でももちろんOKです。

オーバーラッピングはぴたっとかぶさるように音声に合わせて同時に発音していく練習。リエゾンがうまく言えてないと、おしりがずれます。

難易度高い練習なので、まずはシャドウイングでもOK。ただ、リエゾンをごまかしがちになるので、最終的にはぴたっとオーバーラッピングできるようにがんばってみてください。

おすすめ教材:洋楽

音楽が好きな方は、お気に入りの洋楽をまるごと覚えるのもおすすめです。歌なら誰でもぴたっと同じになるように練習しますよね。自然なリエゾンの宝庫なのでいいトレーニングになります。

・・・

ここまでがひとりでできるリエゾン学習です。ひとりでぶつぶつ唱え続ける毎日になりますが、不思議と英語全体の理解力がぐっと伸びるメリットあります。

自信がついたら、最後に英会話での実践も忘れずに。発音強化におすすめのオンライン英会話をまとめました。

実践編:ネイティブと話せるオンライン英会話

発音矯正するなら、必ずネイティブ先生に教わりましょう。おすすめは下記3スクールです。

おすすめ①CAMBLY

全員ネイティブ講師のオンライン英会話です。ネイティブ講師だけに限るとだんとつに講師数が多く、最初に検討したいスクールです。1回15分から予約不要でレッスンできる手軽さも魅力。

事前予約してメッセージも送れるのも便利。さきに「今日は発音練習したいです!」などと連絡しておけば、安心してレッスンをスタートできます。

Cambly
料金:月額3,790円〜(選べるサブスクリプションプラン)
無料体験:15分

おすすめ②ネイティブキャンプ


受け放題が魅力のオンライン英会話です。フィリピン先生中心ですがネイティブ先生の在籍もあり。追加料金で単発受講、またはネイティブ受け放題オプションはとてもお得です。

Camblyは日本語サポートがないため、初心者さんはネイティブキャンプスタートが安心。日本人カウンセリングからはじめられます。

ネイティブキャンプ
料金:月額16,280円〜(基本料金6,480円+ネイティブ受け放題オプション9,800円)
無料体験:7日間

おすすめ③ハミングバード

発音矯正専門のコーチング型オンライン英会話です。ネイティブ&日本人講師をメインに丁寧な発音指導を受けられます。「自己練習ではいくらやってもダメだ...もう挫折しそう...」となる前に駆け込みたい英会話です。

ハミングバード
料金:1回5,184円〜(パッケージ料金/選べる回数制)
無料体験あり:1回

オンライン英会話なら予算内で学習できます

ネイティブ英会話は必然的に少し料金は高くなります。しかし、正しい発音はネイティブにしかわかりません。特にリエゾンレベルを練習する段階になったら、少しお金をかけてでもネイティブに教えてもらってください。

もし料金を抑えたければ、普段は格安プランで練習しつつ、週1回だけ追加料金でネイティブ先生のレッスンをとる。という使い方もできますよ。わたしもそうしてます。

オンライン英会話は時間や予算に合わせて柔軟に使えるのが大きなメリットです。全て無料体験できるので、ぜひ続けやすいスクールを探してみてください。

Nativecamp.
ネイティブキャンプのはじめ方【おすすめ記事総まとめ】

続きを見る

ネイティブの発音ルール「リエゾン」まとめ

リエゾン学習はネイティブ発音に近づくための最後の登竜門。我ら日本人にとってかなり難易度の高い発音もありますが、最終的にできるようになったらうれしい上級レベルの練習です。

こつこつ発音学習しているうちに耳がどんどん育ってくるので、海外ドラマなどを観るのも楽しくなりますよ。あせらずのびのび学習していきましょう。

次の記事:
英語の発音練習用YouTube動画まとめ13選【無料学習】

  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。ペラペラを夢見て、映画や読書などを楽しみつつ、細く長く続けています。

-発音