eigomook_eyecatch

オンライン英会話

【大人の英語はなにから?】過去の自分に届けたい初心者向け勉強法STEP3

【ネイティブキャンプ】
管理人愛用オンライン英会話
>詳細はこちら<
新規登録5,000円コインGET

Make haste slowly.

おとなの英語はなにから手をつけたらいいのでしょう。

「在宅ワークになったし、ちょっとスキルアップに時間を使いたい。英語なんてどうかな。でも今からはじめて身につくのかどうか…。そもそも中学英語もすっかり忘れてるし、I'm fineしかしゃべれない。オンライン英会話も流行ってるみたいだけど、いきなり外人と話すなんて怖すぎる。」

英語やり直し初期のわたしがこれでした。なにをどうしていいかわからずとりあえず単語帳からはじめましたけれども…いろいろ回り道してしまいました。

こんな過去の自分に届けたい、大人のベストな英語勉強方法を3ステップでまとめました。「聞く話す」を中心に進めていきましょう。

最初は不安になるかもですが、確実に成果が出ます。同じお悩みに心当たりがありましたら、ぜひお役立てください。

【前提】英語を勉強する目的を決める


つきなみですが、まずは英語を勉強する目的を決めましょう。

おとなの英語は、なにをするのも自由です。だからこそ自分でやるべきことを組み立てていかなきゃなのが、最初の大変ポイントですね。

とはいえ、英語をはじめたいと思った動機はなにかしらあるはずです。下記3パターンのどれにあてはまるでしょうか。

  • ぺらぺらコース ネイティブのようにしゃべれることが目的。
  • ビジネスコース 仕事の昇進や査定のクリアが目的。
  • 趣味コース 映画や音楽など英語で楽しむことが目的。

上記でいちばん道筋が見えやすいのがビジネス英語かと。「TOEIC800点が査定基準」「プレゼン用の英語が必要」など、ゴールがはっきりしている分、作戦が立てやすいはず。


かたや、作戦を立てづらいのがぺらぺらコースと趣味コース。ざっくり英語マスターしたいと考えている人は、「単語帳から?いや文法?いや、聞き取れないから映画毎日見る?」など、迷子になりがちです。

【ステップ1】必要な勉強法を厳選する

そこで、各コースに必要な勉強法それぞれ3つを挙げておきますね。

  • ぺらぺらコース
    リスニング・スピーキング・発音
  • ビジネスコース(TOEIC)
    リスニング・長文読解・文法
  • 趣味コース
    リスニング・単語

全てに共通して必要なのは「リスニング」です。
そして、全体的な実力向上の実感には、6ヶ月ほどのまとまった時間が必要です。

わたしの学び直し英語の初期は自己流でTOEIC対策を半年ほど行い710点。その後、オンライン英会話をはじめて2年ほど経ち、現在使える英語「ぺらぺらコース」でがんばっているところです。(ぺらぺら英語はゴールなし)

ところで、この6か月の中で、圧倒的に上達を目指すなら、どうしますか?

優先順位が低い勉強は捨てる

大人は忙しいので、優先順位の低いものはばっさり捨てちゃいましょう。

例えば、ぺらぺらになりたい方。TOEICの勉強は無駄にはなりませんが、英会話の基礎づくりとしては非常に効率悪いですよ。(わたしの通った道...遠回りだった...)

また、厳選して集中的に勉強すれば1か月〜3か月短期間で実力向上も目指せます。

英語は時間をかけた分積み重なるタイプの勉強なので、やったらやった分だけの単純計算で伸びると思ってOKです。

【英語マスター6ヶ月Myプラン】
リスニング対策+目的特化の対策

【ステップ2】リスニング対策をはじめる

ざっくり通る道が見えたら、さっそくリスニング対策スタートです。1日でも早いほうがいいですよ。リスニング対策で全ての英語力が向上します。

ということで、全員強制で取り組むのは下記。

リスニング力を伸ばす勉強法。
=シャドイングです。

控えめに言ってリスニングスキル、爆上がります。

シャドウイングは基本耳コピです。耳がヒマな時に音声を聞いて、真似してぶつぶつつぶやくのが基本スタイル。

  • 通勤中
  • 家事の合間
  • 犬の散歩中
  • ジョギング中
  • 寝る前

いつでもできるので、毎日忙しい大人向け。

聞くだけでぺらぺらはありえませんが、聞きながらぶつぶつつぶやいてぺらぺらはありえます。

単語力・文法力・読解力も同時に上がるので、やって損なしです。

スピーキング以外は8割カバーできる

ぺらぺらコース以外なら、シャドウイングだけでかなり理解力が深まると思います。そのくらい威力あり。

  • ビジネスコース:
    「公式問題集+出てきた例文シャドウイング」
    →独学700点クリア…!(実証済み)
  • 趣味コース:
    「好きな映画1本用意+スクリプト検索+シャドウイング」
    →字幕なしで理解できる…!

もちろん、単語の意味がわからない、どうしても理解しがたい長文がある、と言った場合は、調べる時間が必要ですが、それが勉強です。

最初は目に見えた成果が見えず(単語100個覚えた!など)ちょっと不安になるかもですが、シャドウイングだけは必ず挑戦してみてください。

下記で詳しくやり方を書いています。

【ステップ3】英語を話す環境を作る※文法書不要

シャドウイングだけではカバーしきれないのが、ぺらぺらコース、つまりスピーキングです。

必要なのは「英語をしゃべる環境」。
基礎力は関係なく、1日でも早く英会話をできる場所作りをするのが正解です。

とはいえ、留学なんて必要ないですよ。英語ゼロ環境のあなたでも、英語をしゃべる場を作るのは超かんたんです。

英語をしゃべる場を作るのは簡単

  • オンライン英会話
  • 通学型英会話
  • 英語カフェ
  • 英語アプリ
  • 英語で学ぶOOスクール
  • 英語ボランティア など

行動できそうなものはありますか?

もっとも英会話力アップが早いのはリアルの友人を作ることでしょう。恋人でもいいですよ。英会話カフェやアプリで簡単に出会えます。外に出るのが好きな方は、迷わずリアルを攻めてください。

しかし、「そもそも人見知りでおうち大好きなわたしには、そんな勇気なかった...」

そこで最強の味方になってくれたのが、オンライン英会話です。

月々たったの6,000円で24時間365日、家を一歩も出ずに外国人さんと話し放題です。教育革命すぎませんか…?

「シャドウイング+オンライン英会話」で、英語学習はほぼ完璧。スマホひとつで十分です。

発音の勉強はしておくべき

とはいえ、いきなり英会話の場にいくのはちょっと怖いと思いますので、心の準備でおさらいしてからでもOKです。

  • 発音=フォニックス
  • 身の回りの単語=中学レベル
  • シャドウイング=単語帳に出てきた例文

この3つを長くても1ヶ月くらいで、ウォーミングアップは終了。さっさと英会話しに行きましょう。

発音は自主練必須

発音だけは文字と音のギャップがありすぎるので、勉強してから始めるのがベターです。日本の義務教育では謎にノータッチなので、必ず認識を変えてから英語をはじめてください。

でないと、先生の言ってることちんぷんかんぷん。レッスンがつまらないと感じて挫折します。

文法は必要だけど、文法書はいらない

そして、文法書は不要です。はっきり言って「SVOの第O文型が...」とか英語脳を阻害するので、やらないでください、禁止です。

かといって、文法通りに話す力がいらないという意味でないので、やるならアウトプット先行でお願いします。

オンライン英会話では、文法コンテンツもあるのでそれで十分。
習った簡単フレーズを「シャドイングor音読リピート」で体得で問題解決。

再度言いますが、英語しゃべりたいなら文法書禁止!

ということで、以上となります。

まとめ

大人の英語はやることを厳選。集中的に成果を積み重ねていくことが大切です。貴重な時間の無駄にしないように、優先順位の低いことは、ばっさり捨てちゃいましょう。

  • 勉強方法を厳選する
  • リスニング対策をする
  • 英語を話す環境を作る

この3つで英語力は飛躍的に伸ばせます。座学はいらないので、「聞いて話す」を中心に進めていきましょう。

  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。現在洋書多読に挑戦中。英語たのしい!趣味は餃子作りです。 ・英語絵本専門「BookPochi

-オンライン英会話