My First Book of Planets

洋書・多読

洋書「My First Book of Planets」太陽系って言える?SF入門グラフィック絵本

【2023新春期間限定】
オンライン英会話SALE情報まとめ
>詳細はこちら<
最大49,500円OFF

対象年齢:3〜5歳
英語難易度:★★★☆☆
Kindle読み放題:○

【難易度目安】★1幼児絵本 ★2児童絵本 ★3児童書or短編or GR本 ★4大人小説 ★5長編大作 / Kindle読み放題は、執筆時点の情報です。

太陽系の惑星について学ぶ教育絵本です。Amazonでのレーティングは1.3万以上の高評価ブック。実際読んでみたら、写真付きかつ、基本的な文法でとてもわかりやすく解説されていて、大人の学習者さんにもおすすめできる内容でした。澄んだ夜空が眺められる、冬のうちに読んでみてはいかがでしょうか。シリーズ全8冊です。

出典:My First Book of Planets

You live on a planet named Earth.
君は地球という名前の惑星に住んでいます。

Earth 地球
冒頭の一文。地球&他の惑星の名前が全部登場します。

A day is the time it takes a planet to spin all the way around once.
1日は、惑星が完全にぐるりと1周する時間です。

to spin all the way around once ぐるりと1周する
all the wayを使うことで完全に周りきるニュアンスになりますね。丸ごと覚えたい表現です。

The Sun is gigantic.
太陽は巨大です。

gigantic 巨大な
"巨大"というとまず「giant ジャイアント」を思い浮かべるんじゃないでしょうか。日本語でもよく使うので。違いはこちらのページで掴めると思います。

An atomosphere lets people,animals, and planets breath.
大気は人々や動物、そして惑星に呼吸をさせる。

let〜動詞 〜させる
「let it go」などと同じ用法です。間にいろいろ入ってるので一見わかりづらいですが、このように使えるんですね。

An asteroid is a small object in space made of rocket or metal.
小惑星は、ロケットや金属でできた宇宙にある小さな物体です。

asteroid 小惑星
普段聞きなれないような専門用語も登場します。都度詳しく説明してくれるので覚えやすいでしょう。

・・・

児童書や絵本で読むと、小難しい専門用語もかなり吸収しやすくなります。英会話ではパッと出てこないかもしれないけれど「なんでか知ってる。」という単語がどんどん増えていくのが多読のメリットですね。

プラネット系ジャンルは、これからSF系小説を読みたい方の入門語彙を学ぶのにもぴったりです。代表的なものにスターウォーズあたりでしょうか。

単語帳ではなく図書から学ぶ英語の勉強も、ぜひ試してみてください。

My First Book of(全8巻)>

洋書多読ならKindle読み放題が最もお得

本サイトで紹介している洋書は、いつもKindleでお得に探しています。

Unlimited会員なら月額たったの980円で100万冊もの洋書が読み放題。「試しに読んでみて、合わなかったらサッと取り替える。」というように、図書館感覚で気軽に使えます。

だから洋書代はほとんどかかっていません。いろいろ多読アプリを試しましたが、優秀な辞書機能を含めていちばん便利。やさしい絵本〜本格小説まで、ありとあらゆる洋書が揃います。

無料体験30日間から試せますので、まずは気軽に使ってみてください。

【洋書の探し方】Kindleページの検索欄に「洋書 oo」と打ち込むと検索しやすいです。

Kindle無料体験で洋書を読む

  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。ペラペラを夢見て、映画や読書などを楽しみつつ、細く長く続けています。

-洋書・多読
-,