cambly

Cambly オンライン英会話

【Cambly】夏セールで半額プラン購入!本気加入で判明した使い方と注意点

【ネイティブキャンプ】
管理人愛用オンライン英会話
>詳細はこちら<
新規登録5,000円コインGET

オンライン英会話Camblyが毎年開催する「夏のビッグセール1年コース半額キャンペーン」に釣られて、オンライン英会話を再開しました。

お試し利用をしたことはあるんですが、本加入したのは今回がはじめて。改めて利用してみると少し使い勝手に混乱したところがあったので、これからCamblyをはじめたい方に向けて備忘録をまとめておきます。

Cambly夏のビッグセール購入方法

どんなサービスかというのは上記で見ていただき、今回はまずセール期での購入方法をお知らせしておきます。

Camblyの料金体系は基本自分で「週回数×時間」を選ぶタイプのサブスクリプションです。

わたしは今回「週1回×30分」を選びました。どんなに忙しかったり、英語に集中できない倦怠期でも、大人の基礎教養として週に1回くらいは続けないとあかんだろう...という、とても後ろ向きな決意からです。やる気まんまんの時はなにかしらプラスすればいいだけの話ですからね。

セール時期も購入方法は同じく、サブスクリプション購入画面に行きます。

Camblyプロモコード適用方法

自分の受けたい回数と時間を選択すると、画像のSTEP2のように自動的にセール価格が適用されますのでそのまま購入。
※プロモコードが必要なセールのときはSTEP3のように次の画面でコード入力します。

これで完了。これといって難しいことはありません。

今回は夏のビッグセール=50%OFFという1年に1回の破格セールを利用しましたが、Camblyは定期的にまとめ買いのセールを実施しています。45%OFFとかもありますね。

一度体験を利用してメルマガが届くようにしておくとセール情報や英語ニュースをじゃんじゃん送ってくれます。自分のタイミングが来たらセールを狙ってはじめてみたらいいでしょう。

Camblyサブスクプランの使い方と注意点

cambly

さて、ここからが本題です。

1年分週1コースをまとめ買いしました。いってしまえば1ヶ月4回分、1年48回分ですね。※ざっとした計算です

なのでナマケモノなわたしは、今まだ心の準備ができていないので、少し予習をして勘を取り戻してから月末にまとめて受ければいいかな〜くらい悠長に構えていましたが...

これができないスパルタ方式な仕組みになってることが判明しました。

レッスン持ち越し不可※毎週受けましょう

例えばわたしが購入した「週1回×30分」を例に挙げてみていきます。

■週1回×30分プランの場合
→週に1回は必ず受講すること
→×受講しなかったレッスンは翌週に持ち越しできない
→×月末にまとめて4回受講ももちろんできない

"週に1回で購入したけどレッスン受けれなかったら翌週に持ち越せばいっか〜"はできません。「週1回×30分」で選択したら、「週1回×30分」は受けなければいけない仕組みです。

受けなかった場合は、ただ自分が損するだけの仕組み。なので心の準備ができていようかできていなかろうが、必ず自分で決めた分は受けましょう、というスパルタ方式になっています。

メール一部抜粋。登録メール宛にスタートガイドが届きます。よく読んで安心してはじめましょう。

このへんはサブスク購入したあとにメルマガで丁寧なガイドが届きます。が、購入前に知っといた方がいいかなぁと思いましたのでこちらに記しておきました。

ふぅ〜。後ろ向きに週1にしておいてよかった、、、。とはいえ、むしろやる気のある人はこの仕組みがおしりを叩いてくれるのでぐんぐん英語力が伸びるんじゃないでしょうか。

Camblyで実際にレッスンを受けてみた

↑Cambly公式YouTubeチャンネルよりレッスンの様子。※わたしじゃありません

というわけで、心の準備もそこそこに、久しぶりにオンライン英会話を受けました。

緊張した〜はもちろん、全然話せなくて凹みました。やっぱり継続は力、普段英語に触れることのない人は週1回でも英会話する時間は取っておいた方がいいと思いました。

いやー久しぶりにオンライン英会話復活したら全っ然話せなくてワロタ\/Cambly1年プランを半額セールでまとめ買いしてしまったのでがんばるぞ。改めて思ったけど英語がむずいってのはさておき、オンラインで誰かとマンツーで話すっていうこと自体ハードル高いよね。英会話続けてる人全員すばらしい。

脱初級したくらいからなかなか伸びずに、モチベが下がっていつのまにか英語から離れてしまった...という人はわたしだけじゃないと思いますが。

せっかく身につけた英語力。週1レッスンでも受けておけば、伸びずとも忘却の彼方という非常のモッタイナイ現象は防げると思います。

わたしもふだんの生活で英語率ゼロということはないように心がけてはいますが、やっぱり生身の人間とのリアル英会話になると全然刺激のレベルが違います。

Camblyは1日15分〜という短時間から選べるので、英語力のキープにはとても良いプラットフォームですね。

今すぐレッスン受講可能◎

システムの使いやすさ

nativecamp_verygood
cambly_good

使い勝手はとても簡単です。パソコンはもちろん、専用のアプリも出ていまして、スマホひとつあればいつでもどこでも英会話レッスンができます。"今すぐレッスン"はやっぱり強いですよね〜。

しかしネイティブキャンプアプリの神UIに慣れてしまっているわたしは、Camblyアプリの使い勝手の良さはそこそこかなぁ、という印象です。ネイティブキャンプはもはやアプリが英語の総合学習プラットフォームと化していますが、Camblyはシンプル。

でも、悪いわけではないです。むしろ機能がごてごて多すぎるアプリが苦手な人には使いやすそうですし、シンプルに英会話レッスンができれば良いという人にはなにひとつ不自由はないです。

個人的にはCamblyに関してはアプリよりもパソコンの方が使いやすいので、おうちで腰を据えて受けるレッスンになりそうです。

講師全員ネイティブ◎

レッスンの質

nativecamp_good
cambly_verygood

Camblyといえばネイティブ専門。今すぐレッスンで、さらにネイティブと話せるってほんと強いですね。

フィリピン先生は総合的に英語の授業という感じ、ネイティブ先生は授業というより会話が自然に入る、という感じです。※先生や選択のプランにもよりますが

どちらも一長一短ありますが、「ある程度聞き取りもできるようになったし脱初級したかな?」と自己判断で感じられる人なら、変に謙遜せずにさくっとネイティブ先生に切り替えてもいいんじゃないかなと思います。

発音はもちろんながら、会話の中に出てくる表現が英語っぽいです...笑 あたりまえなんですが、ふとした一言が「何それ?お初?聞いたことない!」みたいな言い回しだったりして、続けるほどに表現力が身についていく気がします。

良質な教材 「engoo」◎

教材数

nativecamp_verygood
cambly_good

初回のレッスンをはじめる前にいきなりフリートークはきつい、、、と思ったので、教材を選びました。が、その時には見つけられなかった教材で「engoo」というニュースサイトを教えてもらいました。いわゆるデイリーニュース的な教材です。

レッスン後に改めて見てみても、やっぱり教材が並んだ「カリキュラム」ページからは見つけられなかった幻の教材。でも先生に聞いてみたら、engooはCamblyの先生なら誰でも対応しているそうです。

実はこのengoo、DMM英会話のデイリーニュース教材で使われているニュースサイトです。だから英会話教材としてまちがいなく質が高い。

数だけでいえばネイティブキャンプが圧倒的に充実してますが、デイリーニュースがあれば英語のレッスンって一生退屈しませんよね。Camblyに興味があるけどカリキュラムがいまいち...と思ってた方は、一度engooを覗いてから考えてみてはいかがでしょうか。

初心者なら予約がベター◎

スケジュール(予約)のページ。わたしは予定が左右されづらい日曜に入れました。

今すぐレッスンやネイティブと話せる、というのは間違いなくCamblyのメリットです。けれども、基本的には中級者向けです。

講師をレベル指定で探せます。しかし、初心者対応の先生にすると数は多くない。今からやろう!と意気込んでいるときに探しても、初心者の先生は取り合い、運よく受講できても時間が限られていておどおどしている間に終わる、、、となってしまいがちなシステムな印象はありますね。

とはいえ、予約が追加料金なしでできます。予約をしておけばまるっと30分ひとりの先生で。が可能になるので、初心者さんは予約前提ではじめるのが無難です。

慣れるまでは忙しい毎日の中ちょっと大変ですが、かっちり予定を組んで、ある程度聞けて話せるようになったら今すぐレッスンをばしばし使い倒していくのがいいのかな、と思います。

Camblyの料金【英語力キープ用なら良心的】

ネイティブキャンプと同じく、今すぐレッスンできるかつネイティブ先生と話せるというのが乗り換えの理由。

そして「今はちょっと毎日受け放題するほど英語に割く時間ないな、、、」という方には、Camblyはとってもぴったりなサービスだと思います。

料金的にはネイティブキャンプは業界中破格、Camblyは少々お高めで中級者向けという印象がありますよね。

でも、あるていど基礎を固めた上で質の高いレッスンを地道に継続していくのであれば、Camblyが推し。料金的にも負担になりませんし、1回ずつのレッスンも大事にできるんじゃないでしょうか。

ちなみに今回わたしが選んだ「週1×30分」の料金がどのくらいかというと、、、

え?バグ...?なんと!月額2,680円です...!

毎週ネイティブ先生と英会話して2,000円台って破格すぎる金額じゃないでしょうか。他のオンライン英会話と組み合わせたり、通学と組み合わせたりっていう選択肢も出てきます。

雨が降っても風が吹いても、大人としてこのくらいの語学投資は水道光熱費と同じ感覚でしておきたいなぁと思う次第です。

今回わたしは夏のビッグセールを利用しての料金ですが、Camblyは定期的に大型セールやってます。無料体験しておくとセールのメルマガ届くようになるので、興味ある方は勇気を出して下記からトライしてみてください。

cambly

というわけで、ネイティブキャンプラバーだったわたしがCamblyに挑戦しはじめた最初の一歩。

Camblyはレッスン持ち越しができないスパルタ方式です。サブスク購入の時はよく考えてから購入しましょう。はじめてチャレンジならセール時に購入すると破格だから失敗しない。

というのがお伝えしたい内容でした。備忘録を終わりにします。

  • この記事を書いた人

ゆりあろん

【ネイティブキャンプ歴2年】 30超えて英語学び直しに挑戦。完全在宅おひとりさま学習でもオンライン英会話で伸びておどろき。この感動をみなさまに。現在洋書多読に挑戦中。英語たのしい!趣味は餃子作りです。 ・英語絵本専門「BookPochi

-Cambly, オンライン英会話